広告

「沼」っていうのはちょっと違う

コラム
広告

山麓園太郎です。


「AKB48世界選抜総選挙」のDVDを間違えて買ったんです。僕が目当てにしてた特典映像「 世界の伊豆田プロデュースBNK48チャープラン・ミュージックの友達何人できるかな 」が収録されてるのは「AKB48グループ感謝祭2018」のDVDだったんですよ。

DVD4枚組+ブックレット+生写真(ランダム)10枚

これ定価はビートルズの「ホワイト・アルバム50周年記念スーパーデラックスエディション」と大差無いので、見始めて間違いに気付いた時には10秒固まりましたね。生写真にはBNK勢1枚も無いし!

でも10秒で「まぁ、これはこれで記念だし、TV録画も消しちゃってたからちょうどいいか・・」とか言ってるんです。何がちょうどいいんだ。

アイドルをはじめとした趣味にのめり込み過ぎる事を「沼にはまる」と言いますね。「ようこそ、アイドル沼へ!」という先輩諸氏の声が聞こえてくるようです。でも「沼」って言葉はどうかと思うんですよ。

世界共通のイメージみたいになってるじゃないですか沼。色がもうドブ色っていうか。そこかしこで「ゴポゴポッ」って臭い泡が音を立てていそうだ。
で、うっかり足が入ったら抜けなくて、もがけばもがく程沈んでいって、助けを呼ぶんだけど誰も来なくてあえなく最後指先が飲み込まれて、絶望の静寂の訪れと共に日が暮れてゆく。という昔見た恐怖映画のシーンみたいな。いやそもそもそんな映画見た覚えもないのに。

つまり「底なし沼」のイメージにひっかけて「沼」と言ってるんでしょうけど、
ちょっと待ってください。
僕楽しいんですよ今?
間違えたのは痛恨だけど、BNK48出演シーンは楽しめたし、また頑張ってお小遣い貯めて今度こそ「感謝祭」のDVD買えばいい、という目標も出来たし。助けてー!とか一言も言ってませんからね。気持ち良く肩まで浸かってるんですから、むしろ「温泉」に例えて欲しいと思うんです。お金使って、お湯に浸かって。素敵じゃないですか。

特に今は女性でも趣味にドーン!とお金つぎ込む方が多いですから、なおさら「沼」より「温泉」の方がふさわしい例えだと思います。僕がオタク女性の考え方を知って「なるほどー!」とリスペクト全開になったのは小学館の「浪費図鑑」を読んだのが最初ですが・・・

名著!乃木坂46ファンの女性のエピソードは必見。これで僕も決心がつきました(何のだ)

ちょうどそれと同じ頃に、こんな経験がありました。
バンドのリハーサルで劇場のスタジオを借りたんですよ。僕がステージ衣装着てギターしょって劇場に着くと、何故か外にもロビーにも小綺麗にした若い女性が沢山いるんです。
「僕のファンなわけないよな」当たり前です。すぐ判明しましたが、ジャニーズのグループさんの公演が同じ日にあったんですね。

女性ファンは凄いな、って思うのはそのバランス感覚です。男のファンはつい「推しの物販に1円残らずつぎ込んでこそ華」みたいになっちゃって主にファッション面がおざなりになるんですけど、この時のジャニーズファンの皆さんは場所が劇場だというTPOで、それこそ結婚式やパーティーにも出席OKな服装で、メイクもヘアスタイルも靴選びも完璧で、大騒ぎする事なく、でも頬を紅潮させて開演を待っておられたんです。素敵でした。「推しに恥をかかせない」これ大事ですよね。こういう素敵なファンがいるならきっとタレントさんも素敵な人なんだろうな、と思いますもんね。ここは僕もそうでありたいと思うポイントですね。

このブログで僕は普段タイポップ温泉について熱く語っていますけれども、楽器を買ったりする温泉、中古レコードを掘る温泉といったものも僕の暮らしにはあるわけです。誰かにとってはクルマいじりやディズニー、スポーツやグルメがそういうものかも知れない。

世界中の人に男女問わずそういう「暮らしのなかの大好きなもの」があるんだから、ちょっとその度合いが強い事を「沼」呼ばわりせず、これからは「温泉」と呼んだらどうでしょうね?服を脱いで、浸かってみれば、泉質も効能もそれぞれ違うんだな。とわかるんじゃないでしょうか。

間違えて買った「世界選抜総選挙」のDVDで、100人の女の子のそれぞれ違った泣き顔を見ていてそんな事を思いました。

最後にタイポップじゃなくてムッシュかまやつさんの映像を。この曲の3番の歌詞が僕の人生を規定したんですよね、大昔に。バックはティン・パン・アレイで客席で見ているのはユーミン。という珍しいものです。

ゴロワーズを吸ったことがあるかい ムッシュかまやつ

コメント