自宅こもりで聴くタイポップス (2)

タイ音楽

山麓園太郎です。サワディーカップ。

今回は「自宅こもりで聴くタイポップス」第2弾です。この記事を最初に書いたのは昨年の3月で、「相当手強いウイルスだなぁ。でも夏には収まるだろう。そうだ、Stay Homeで退屈してる人にタイポップスを紹介する記事を書こう」なんて考えたのでした。この記事が今もずっとアクセスを集め続ける事になるなんて、その時は思いませんでした。

暗い話はニュースだけでお腹いっぱい。自宅で明るい気持ちをキープするには「ファンタジー」を上手に使うのがポイントかも。って事で今回は新曲にこだわらずに、最高のファンタジー「恋」に関する新旧タイポップスのMusic Videoをご紹介します。

上手くいったりいかなかったり。甘酸っぱかったりほろ苦かったり。タイポップスのMusic Videoにはストーリー仕立ての作品がとても多くて(時にはアーティストが一瞬しか登場しない作品まで!)、中には短編映画のように心に残るものもあるんです。今回も全14曲・解説付きでお届けする約1時間のタイポップス観光ツアー。Stay Homeのまま、一時の音楽旅行をお楽しみください。

1 : PAAM 「Your Story」

PAM ANSHISA – แค่หน้าจอ (Your Story) 【Official Music Video】

今や日本中の女性誌でグラビアに登場するBrightくん(タイの人気BLドラマ「2gether」の主演のひとり)が相手役を務めるこのMusic Videoは、地味な女の子が不思議なスマホの力を借りて変身して、気になるモテ男くんにアタック、しかしいよいよという所でスマホの充電が・・・というお話。タイトルの「Your Story」はInstagramの”ストーリー”の事なんです。

2 : Scrubb 「Smile」

scrubb – รอยยิ้ม (official music video)

「2gether」繋がりでもう1曲。ドラマでも使われているScrubbのこの曲のMusic Videoは、高校の同窓会で片想いの女の子に再会する話。Scrubbの大ファンである「2gether」の作者は、もしかしたらこのMusic Videoからも主人公2人の心理描写のヒントを得ていたかもしれませんね。

3: LAOLOM feat.Waii「Two People, One Heart」

สองคน หนึ่งใจ feat. Waii : เล้าโลม | Official MV

実は僕が初めて見た「ストーリー仕立てのタイポップスMusic Video」がこれです。引っ越しで離ればなれになった幼馴染が、今も相手の事を想いながら、お互いに気付かないままバンコクの街角でニアミスを繰り返す切ないお話。音楽的には男女シンガーのハモリが単純な「6度下」とかじゃなくて、2つのメロディーで複雑なハーモニーを形作るような技巧を凝らしてあって素晴らしいんですがそれよりこのストーリー。白状しますがもう100回以上見ていて、今でも泣いちゃいます。

4: Da Endorphine「頼まなくても、ゆずる」

[MV] ダーエンドルフィン (Da): 頼まなくても、ゆずる (Mai Kau Gaw Ja Hai) (JP sub)

これは「恋」というより「悲しい愛」ですが。タイが誇る歌姫ダー・エンドルフィンの2011年のヒット曲。まるでお昼の時間帯にTVでメロドラマ見てるような気分になる作品です。当時の機械翻訳による日本語字幕がちょっとヘッポコなのはご愛敬ですが、タイのMusic Videoが凄いのはストーリー上の見せ場が来ると平気で曲を途中で止めたりしちゃう所。しかも3:50からのシーンで流れるピアノとストリングスによる演奏は原曲に含まれておらず、わざわざ新録されています。この頃のタイは景気が良かったとはいえ、凄いなぁ。

5: LIPTA「Love Fever」

โรคเเอบชอบ (Love fever) – LIPTA [Official Music Video]

「恋の病に付ける薬はない」と昔から言いますけど、この状況では通えば通う程重症になりそうな気もします(笑)。ついには仮病を使ってまで好きになってしまった女医さんの元へ通う男性。とうとう「今度は何ですか?医者に本当の病状を話せないのなら、病院に来ても意味はないんですよ?」とたしなめられて告白を決意した男性にはハッピーエンドが待っていますが、世界中の医療従事者の皆さんにこそハッピーエンドと平和な日常を。曲はシティ・ポップ・マナーに重厚なビートを組み合わせた、まさにバンコク最先端のサウンド。カッコいいですね~。

6: Three Man Down「昔の夢」

ฝันถึงแฟนเก่า – Three Man Down |Official MV|

タイトルを「昔の夢」と訳してみましたけど、「元カレの事を夢に見る」とした方がニュアンスは近いのかなぁ。もちろん今も好きだからですね。でも・・・という話。タイトルにひっかけてあるのか、メロディーが少し古めかしくて昔のタイ歌謡のようです。ストーリーも切ないですが、こうやって(タイへ行く)飛行機にまだしばらくは乗れない事を実感するのがまた切ないMusic Videoです。

7: Chucheewa「Do You Mind?」

Chucheewa – Do You Mind? (Official Video)

「友達が恋人に変わる予感」なMusic Video。曲のアレンジとプロデュースはCyndi Seuiが手掛けています。シンプルな構成でも切れの良いシンセ・サウンドとファンキーなベースラインで一級品のダンス・チューンに仕上げる手腕はまさにシンディ・マジック。

8: TELEx TELEXs「MUTELU(Horoscope)」

TELEx TELEXs – ดวง ดวง ดวง (Mutelu)【Official Music Video 】
ChucheewaのMusic Videoにも出演していたこの俳優さんはBenjamin Joseph Varney。イギリス生まれのチェンマイ育ち

2年前のサマソニ出演も記憶に新しいTELEx TELEXsが、テンポも曲調もこれまでと全くアプローチを変えて新境地を開いた1曲。Music Videoで描かれるのはまさに華やかな都会の恋。最後にオチが付いてるんですけどYouTubeのサムネイルで見る前からバレちゃってるというね(笑)。そしてこれ三角関係の始まりじゃないか!という。

9: POI「All Of Me」

รักหมดใจ (All of me) : POI พ้อย | Official MV

これは本当にシティ・ソウルとしての完成度がずば抜けて高い、タイポップスの底力を見せつけてくれる1曲。もしもフリー・ソウル系コンピレーションアルバムにこっそり混ぜておいても、これがタイから紛れ込んだ1曲だとは誰も気が付かないでしょう。バンコクに行くとタイの女性と欧米の白人男性(タイの人は「ファラン」と呼びます)のカップルをよく見かけます。まぁ中には「水商売関係のお姉さんと同伴中」という組み合わせもありますけど、本当に仲睦まじい恋人同士や、時には子供連れでBTS(電車)に乗ってくるご夫婦も沢山見ます。お互い惹かれあう所がきっと多いんですね。そして外国男性がタイでモテるかどうかは、イケメンかどうかよりもこのMusic VideoのようにTPOに合わせてジャケットを羽織れるか、もっと言えば「短パンは部屋の中以外では穿かない」かどうかにかかっているような気がします。

10: Superbaker「恋」

Superbaker – ความรัก [Official Music Video]

Plastic Plasticと並ぶタイのサンシャイン・ポップ・バンド、Superbakerのヒット曲(シングル・ヴァージョン)。時に音楽はそのサウンドや歌詞を通して、自分の想いを代弁させて誰かに伝える事ができますね。もしステイホームでずっと会えてない大切な人がいるなら、その人に何か1曲、Spotifyのリンク等で送ってみてはどうでしょうか。

11: La Ong Fong「ご飯食べた?」

La Ong Fong – กินข้าวยัง (Official 'Why Care?' MV by Malee and Spicy Disc) | spicydisc.com

恋人のためにランチの準備。でも早起きし過ぎて準備中にウトウト・・・。ストップモーション・アニメが可愛いMusic Video。タイで果汁100%ジュースや缶詰等を販売するMaleeブランドのキャンペーンソングでした。
僕は家では料理担当なんですけど、時には缶詰料理をする事もあります。得意技の一つが、油を敷かないフライパンにほていのやきとり缶をあけて卵でとじる「ズボラ親子丼」です。

12: Seal Pillow「Fanclub」

Seal Pillow – Fanclub [Official MV]

青春だ!(笑)
サイアム(バンコクの商業中心地。駅の北口が銀座で南口が原宿みたいな所)に華やかな都会の大人の恋があれば、下町のプラナコーン(王宮やカオサン通りのちょっと上)にも学校ではあまり目立たないタイプの学生さんの恋がある!って感じですね。キュンキュンしますな。

13: Atom「Please」

PLEASE – Atom ชนกันต์【OFFICIAL MV 】

シンガーソングライターAtomのデビュー曲。YouTubeで公開された直後に物凄い再生回数を叩き出し(現在約2億回)、彼をスターダムに押し上げたMusic Videoです。ストーリーものではありませんが、「君にとっては寂しさを紛らすための相手で、僕の事なんか愛していなかったね?でも僕は君を本当に愛してしまった。彼の所に戻る前にもう一度だけ・・・お願いだ、僕を選んでくれないか?」という歌に合わせ、たぶん同じ境遇の様々な男女の後ろ姿だけが流れる構成。舞台はバンコクですから夕暮れのシーンがあっても気温は30度超え。それを踏まえて見ていると後半からロケ地が変わり、日本やヨーロッパの冬を舞台に同じく男女の後ろ姿だけが流れ、これが間もなく来る別れ、そして失恋の苦しさを見事に暗示しています。一年通して暑いタイでは「雪」や「冬」はファンタジーであると同時に失恋のメタファーでもあるようです。

14: ABnormal「ひとつのことば」

[MV] ABnormal: ひとつのことば (Pood Mai Kauy Took) (JP sub)

最後はこの曲で締めくくりましょう。卒業の時に伝えられなかった想いを、やっと伝えられたね!・・・でもちょっと時間かかり過ぎだろ!なんだか当時の面影残ってないし!という、とてもいい話です(笑)。日本語字幕付きです。
ちなみにこのMusic Videoにはロング・ヴァージョンもあるので「いい話だな~」と思った方はこちらもどうぞ↓。

[MV]พูดไม่ค่อยถูก – ABnormal (official)

いかがでしたか?続けてご覧になりたい / お聴きになりたい方のために、YouTubeとSpotifyのプレイリストも貼っておきますね!

(YouTube プレイリスト)

PAM ANSHISA – แค่หน้าจอ (Your Story) 【Official Music Video】

(Spotifyプレイリスト)

おまけ

タイにはMusic Videoに限らずテレビCMでも長尺のストーリー仕立てのものが多くあります。数年前にも「タイの泣けるCM」が話題になった事がありました。ひとつだけ紹介しておきましょう。銀行の奨学金ローンのCMだけど泣けるんです。

โอเลี้ยง…เพื่อนที่จะอยู่กับคุณตลอดไป – KTB Growing Together

Stay Homeで退屈だけどNetflixで映画見るほどでもないし・・・なんて時にはYouTubeで「タイ CM」で検索してみるといいかもしれません。では皆さん、お身体に気を付けてお過ごしください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました