Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/naomiand360/studiomushroomiron.com/public_html/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
タイフェスティバル東京2024(1)リハーサルと出演者歓迎パーティー | STUDIO MUSHROOM IRON

タイフェスティバル東京2024(1)リハーサルと出演者歓迎パーティー

タイ音楽

山麓園太郎です。サワディーカップ。

タイフェス東京2024の来場者数は2日間で30万人超えだったそうです。開催中から皆さんがステージを撮影した写真が沢山SNSに上がりました。

ステージとの距離や立ってる位置はそれぞれ違っても、思い思いに大好きな出演者を撮った写真をシェアして、楽しかったタイフェスの記憶を積み上げてゆく。愛ですね。

僕も2019年までは朝から並んで(主にアイドルに)声援を送ったり写真を撮ったりするひとりの観客でしたが、コロナ禍を挟んで復活した2023年からは、取材パスを頂いてステージ前の柵の内側に入るようになりました。

観覧エリアの皆さんが叶わない、様々なアングルからの撮影や関係者エリアでの撮影をしていても、T-POP探検家である僕にとってこれは「仕事」ではなくやっぱり「楽しいタイフェスの記憶の積み上げ」です。今年もこのブログを通じて皆さんにシェアしていきましょう。最初は「開催中の会場では撮れない、レアな写真たち」です。

開催前日の5月10日。午前着の新幹線で東京入りした僕とうちの社長は東京メトロの明治神宮前駅に降り立ちました。明治神宮に参拝後、会場の下見をするためです。すると駅構内でToptapくんを発見。

こういうファン広告はタイっぽくて大歓迎です。下の箱にギブアウェイのポストカードがあったので1枚もらいました(これが後でまさかの展開に)。

社長は銀座に行くっていうので僕だけ代々木公園へ。会場ではブース用テントの設営が終わり、搬入作業やステージ準備が進んでいます。もう誰かの歌声が聞こえていて、行ってみるとSea-Keenでした。

来日した出演者は、マイクやPAスピーカーのチェックを兼ねてこうして準備中のステージでリハをするんです。出演する全員がリハをするわけではなく、ステージ上の立ち位置確認が重要なアイドルグループや都合の付く人が出席。以前はステージ前にファンが集まってリハを見たりできましたが、今年は観覧エリアに柵が設置されているのでファンは柵の外から。とはいえ平日の昼間ですから見学してるファンは十数人です。俳優ファンとアイドルファンが半々かな。

Seaくん
Keenくん

Sea-Keenのリハが終了。MCのPerth Nakunと多田カルティダ亜由美さんも来て進行の確認をしています。

写真を撮っていると後ろを女の子数名が通り過ぎていきました。気が付いた時には後ろ姿になっちゃったけど、もしかして?

ちょうどそこに大使館の方が通りがかり、僕を柵の内側に招き入れてくれました。

誰がリハに来るかは全く知らないけど、とりあえず2時間くらいはここで見ていよう。と思ったら、ステージ袖にToptapくんとBoy Sompobが現れました。うわー!

Boy SompobのデビューCD「Himalayas」を買ったのはもう10年位前。CDショップでジャケ買いです。澄んだ声が素敵な人だなぁ、とよく聴きました。1曲目がLove Sick The Series OSTのShake (สั่น)ですから、この時すでに未来のタイ沼の世界に触れていた事になります。

数曲歌ってくれたのですっかり得した気分。続けてToptapくんのリハです。

スマホで確認してるのは歌詞かな?黒のタンクトップに大胆なパターンのデニムジャケット素敵~。

そして高そうな時計(笑)。ロレックスのデイトナではないかと。

特にイヤモニから聴こえる演奏と自分の歌の音量バランスを何度もチェックして、音響スタッフに指示を出していました。

Toptapくんが撤収したらBNK48+CGM48がやってきました。やっぱりさっき後ろを歩いていったのはこの子たちだったか!やったー!

彼女たちは午前着の飛行機で日本にやって来て、ホテルのチェックイン前に会場に来てリハです。大変だなぁ。機内で過ごした格好のまま、化粧もナチュラルメイク。今回のメンバーはBNK48のキャプテンHoop(フープ)の他は全員CGM48。Sita(シター)、Kaning(カニン)、Champoo(シャンプー)、Nenie(ニーニー)、Lookked(ルークゲー)です。

Hoop
Sita
Kaning
Champoo
Nenie
Lookked

「ヌン・ソン・サム・シー・ハー・ホック・・・」カラオケが準備できる前から全員でカウントを取って立ち位置や振付を確認。

※強風が吹く日だったので風の音が入ってます

アイドルですからやはり本番のステージこそが華だと、本人たちも思っているでしょう。お疲れの中、普段着でしなきゃいけないこういうリハは、あまりファンには見られたくないだろうから僕も「ごめんね~」と思いながらカメラ向けてるし、リアクションが無くてもかまいません。そんな中、僕とエリア後方のファンを見つけるやずっと笑顔を絶やさなかったのがNenieでした

彼女はBNK48の16枚目のシングル「Kiss Me!」の選抜総選挙で選抜メンバーに選ばれてから、自信がついたのか凄く変わった、と現地ファンの方が言っていました。僕もファンになりました(笑)

時間をかけて綿密にリハが進んでいきます。意気込みが現れてますね。

僕はここで会場を離れて、赤坂に取った宿にチェックイン。遠方からタイフェスなど渋谷エリアでのイベントに来る人は新宿や渋谷周辺でホテルを探すことが多いんじゃないでしょうか。東京メトロで乗り換えなしに明治神宮前と行き来できる赤坂エリアも便利ですよ!

この日の夜、タイ大使館では出演者とメディア関係者を招いての歓迎パーティーがありました。タイフェス東京はもうすっかり有名ですから「催しもの」としての報道はよくある事ですが、こうしてTV局や新聞社の方々が出演者に直接会う事で、タイドラマやT-POPなどにも取材対象が広がります

僕はここでのイベントに呼ばれた時は、場所が大使館ですからきちんとした感じとくだけた感じを同時に出したいな、と思い服装は大抵パターンを決めています。上がモッズスーツスタイルで、下が濃いインディゴのベルボトムと黒いブーツ、というものです。ネクタイはタイをイメージした紫色にしました。
原宿のブティックで働いてた頃を思い出すぜ・・・。

大使館ホール入口で

山野ホールで同時刻にファンミーティング中のTay-Newやバンコクでイベント中のLYKNは欠席。会場にやって来たのはSea-KeenとOff-Gun、Toptap、Boy Sompob、Serious Bacon、Copter、Talay、Adora(ギター/ヴォーカルのGTのみ)、Maria Seiren、BNK48+CGM48とLimerenceでした。

このパーティーに出席できたのはラッキーでした。先程の代々木でのリハともフェス当日とも違う服装で集まった出演者を見られたからです。つまりタイから来た俳優やアイドルたちも、場所が大使館という事でそれぞれが考える「きちんとした服装」で来たんですね。パーティーだからドレスコードはスマートカジュアルです。

まずToptapくん。深みのあるブルーで統一した色使いと光沢のある素材感にはスターとしての強い主張もあるけど、それすら爽やかに見せてしまうのはやはり彼の人柄と柔らかな物腰でしょうね。僕がリハの前に明治神宮前駅でゲットしたファンクラブのポストカードを見せて「あなたの日本のファンが駅に広告を出していますよ」と伝えると、それを手に写真に収まってくれました!

そして後日現場まで行ってくれてる。いい人だ・・・!

※画像は所属事務所のInstagram Storyから

次は大使館でも歌を披露したBoy Sompob。

シンプルな黒のジャケットにノーネクタイ。

僕はちゃっかり「Himalayas」のCDを持参してたのでサインを頼みました。本人とマネージャーに「まさかこれ持ってる人がいるとは・・・」と驚かれた。

ノーネクタイだけど、ジャケットのラペル(襟)がピークドラペルで、タキシードスーツのジャケットである事がわかります。ここで「きちんと感」を出してるんですね。

そしてOffくんは・・・。

彼もピークドラペルのスーツ!しかもダブル!しかもブラウン!!攻めてるのに似合いすぎー!これ相当良い生地だぞ・・・。

そこにGunくんが合流したので写真を撮らせてもらう事に。

Offくんのキメ顔とピースサインの無敵感よ。そしてGunくんの装いはルイ・ヴィトンのエンプロイダードコットンプレンドクルーネック(¥287,100)だった。

さらに寄ってもう1枚。

・・・Offくんは隣の人の肩に手を置きがちなんですかね。Sea-Keenと一緒のショットでも置いてるし、Gunくんだけかと思ったら

Toptapくんの肩にも置くんだけど(笑)。イケメンだからいいか。SeaくんのCOACHの黒いダブルジャケットもKeenくんのこげ茶のレザージャケット(おそらくこれもCOACH。ヘリテージ C レザー ブレザーだと思う。\187,000)もオシャレ!

俳優さんたちはインナーはラフにしててもブランドのフォーマルジャケット着用が多くて、「大使館に呼ばれる」って事に気合が入ったのが伺えますね。Gunくんはカジュアルなのが逆に童顔に似合ってたけど、次はスーツでキメたとこも見たいなぁ。

さて、BNK48+CGM48はどうでしょうか。こちらもパーティー向けのコーデです。可愛いステージ衣装やプライベートでの普段着はSNSでよく見るし、グループの公式アプリでのメンバー毎のライブ配信は寮の部屋で行なわれる事が多くて、それこそ風呂上がりのパジャマ姿までファンはいつも目にしていますが、こういう服装は見る機会が少なくて貴重です。

全員落ち着いた色でまとめていて大人っぽいですね。

パーティー出席者で記念撮影

下の写真で右端のLookkedのはいわゆる「シャネル風」ってやつかな。韓国で流行ってるらしい。

その隣のHoopもNenieもChampooもK-POPアイドルの私服っぽいコーデで、タイの女の子がファッションや美容に関して韓国カルチャーに大きく影響を受けているのがわかります。その上で日本アイドルAKB48の海外姉妹グループとして「カワイイ」も追っている彼女たちはハイブリッドなんです。右端のChampooが付けてるネックレスはジル・スチュアートかも?と思ったけど写真からじゃわかんないなー。

後列真ん中はタイフェスに裏方として毎回来てるPlaygroundのTikさん。その隣のスキンヘッドの人こそBNK48の支配人Jobさんです。やっと会えた!ご挨拶して僕がQRRAの紹介記事を書いた「タイランド・スター・マガジン」を渡しました。もしこの先お仕事でご縁があったらよろしくお願いします!と心の中で祈りながら。

Serious Baconのファッションは驚くほどいつも通りです。

Cakeさんは黒いブラウスとネックレスでシックに見せてるけど下はショートパンツだし、Muangくんは完全に平常運転。でもねぇ、僕そんな彼らを見て「わかるよぉ~」と思ったんです。

デビューしてからごく最近まで、彼らはステージでもずーっと黒髪で普段着でした。とにかく音楽が全てで、それ以外には無頓着な感じ。その、全てを捧げてきた音楽で人気に火が付いて、スターへの階段を上る途中の大きな変化の時期に彼らは今いるんです。

髪を染めたり、歌に振付が付いたり。戸惑いも大きいとは思うけど、スターってそういうものです。僕はスターじゃないけど、それでも「T-POP探検家」になる過程でツーブロックからマッシュルームになったり、眉を描くようになったりしましたから(笑)。

そして彼らはスターになってもきっと大切なものは失くしたりしない、と僕は信じてますよ。

僕は2人に「新曲(Love Ads)の振付を教えてよ!」とお願いしました。サビで、指でハートを作って3回降ろしていくのが可愛いと思って。そしたらなんと、「ハートの作り方が3回とも違う」って言うんです!しかも2つ目が激ムズ。ピンと伸ばした中指の先をくっつけて、人差し指でハートの上半分を作る形。これ慣れないと素早く作れないです。

でもTikTokなんかで皆がよくやる形よりハートが大きくて、さえぎる指がないから見やすいんです。これに食いついたのがBNK48+CGM48のメンバー。さっそく教わっていました。

Kaningができてないけどまぁいいか(笑)

これきっとタイのアイドル界隈で広まりますね!

パーティーの最後は立食形式でタイ料理がふるまわれました。飲み物はタイティーやオレンジジュースの他、シンハーとチャーンビール。

手前にいるGunくんがロックオンしたのはおそらくガイヤーン。皆さん紙のお皿に取ってホールに持って行って食べたりしてました。僕はこの時N経新聞さんからT-POPについて質問を受けてて、写真があまり撮れてないのです。そもそも俳優さんやアイドルの場合、食事中を写真に撮ったら失礼かな?と思ったし・・・
なのでこんな無難な写真でひとつ(笑)

この料理の数々をケータリングしたのは渋谷道玄坂の「チャオタイ」。僕も毎回美味しく頂いてます。ありがとう!

華やいだパーティーが終わりホールから外へ出ると、もっと屋台っぽいメニュー「クイティアオ」を作っていて、Off-Gun/Sea-Keenが足を停めました(Toptapくんはもう帰ってた)。やっぱり子供の頃から道端で見慣れた風景だからでしょうか。

Offくんが「お店はどこにあるの?」と訊いています。

クイティアオを注文はしなかったけど、俳優さんたちはお店のスタッフと仲良く写真撮影。

・・・Offくんやっぱり肩に手置くんだ!しかも両手!(笑)

そして大使館を後にするのでした。動画の最初、俳優さんと写真撮ってるのは大使館の通訳さん、最後で奥の方に見えるカジュアルな服装の女の子たちがLimerenceのメンバーです。Off-Gunが腕組んで帰ってくのもポイントだぞ!

「チャオタイ」はタイフェス東京にも出店してました。2日目にSeaくんを連れてチャオタイブースに買い物に来たのがOffくん。なんていい人なんだ・・・!

※画像はチャオタイケータリングのフェイスブックから

さらにSea-KeenはLYKNを誘って道玄坂の実店舗にも行ってる!皆こんなに義理堅いの?!

※画像はチャオタイケータリングのフェイスブックから

「チャオタイ」のケータリング部門のフェイスブックには他にも彼らやToptapくんとの写真が投稿されてるから、ファンの人は見てね!そして道玄坂店にタイ料理食べに行こう!

次回はフェス当日のレポートを昨年同様写真たっぷりで長細ーくお届けします!

コメント

  1. Kiwako より:

    タイフェス 行きたいと思いつつ行けてなくて今回初参加でした~。めっちゃ暑かったけど楽しかったです。でも何でTAYNEW の写真が一枚もないの~ 裏の様子とか前後の様子が見たかったです

    • 園太郎&Naomi より:

      コメントありがとうございます。TAYNEWの写真はこの後書く予定のタイフェス初日のレポートでたくさん載せる予定ですので、もうしばらくお待ちくださいね!

タイトルとURLをコピーしました