広告

BNK48が僕をアイドルファンに引き戻した話

タイ音楽
広告

山麓園太郎です。メリークリスマス。今夜は(イヴの夜にこれを書いています)僕の昔話と今のタイのアイドルシーンについてです。


好き嫌いにかかわらず、日本に住んでいればAKB48グループの活動を目にしない日はありません。その少し前のモーニング娘。の人気っぷりも記憶に新しいですね。

僕は当時ミュージシャンとしての活動に脂が乗っていて、新しいギターや音楽機材を次々と買っていたので彼女達の大人気を「現象」として横目で見ていました。「うっかりファンになったら毎月のお布施が凄い事になる。破産だな」と思っていました。

しかし1980年代伝説の関東ローカル深夜番組「オールナイトフジ」から生まれた素人女子大生グループ「オールナイターズ」については、実は僕破産しそうになるほど追っかけていた過去がありまして(笑)そのまま80年代後半~90年代前半の約10年をアイドル探検に費やしたものですから、後に小川真一さんのラジオ番組「ラビット・アワー」でもタイポップではなくアイドル特集で選曲/出演を果たしたりしたんです。

僕はその際「AKBは(実在しない)最高の女子校シミュレーターである」「オールナイターズこそがAKB48の祖先である」と定義づけてオールナイターズを番組でかけまくり、当時のファンの皆さんが全国からアプリで聴きまくる、という番組史上稀に見る反響を頂きましたが、その時に最後の曲に選んだのがデビュー直後のBNK48でした。オンエアしたのは僕が日本で一番早かったはずです。

その後このブログにも書いたタイの音楽フェスCat Expoの第4回で僕は初めてBNK48を生で見るんですが、ちょうどこの時が「恋するフォーチュンクッキー」で彼女達が大ブレイクする直前のタイミングだったんです。

【MV Full】Koisuru Fortune Cookie คุกกี้เสี่ยงทาย / BNK48
再生回数が1億6千万回を超えるこのMVが公開されたのはCat Expo 4の1週間前。この1曲で国民的スターの座を射止める、という集団シンデレラストーリーが起こった瞬間を、僕は現地で目の当たりにしたのです。
https://geo.itunes.apple.com/jp/album/river/1434871099?mt=1&app=music&at=1001lRmE

日本人である僕達はこの曲をつい「AKBのアレ」とか「指原のアレ」と形容してしまいますが、タイではこの曲は「海外ヒット曲のカバー」に相当するという事を忘れてはいけません。

「マンガやゲームで馴染みの深い日本の有名アイドルグループの大ヒット曲を、正式な自国の支部が歌う」というだけでも話題性はありましたが、それまでK-POPの影響が色濃かったタイのアイドルシーンでは「セクシー系じゃなくカワイイ系」も、総勢20人を超えるメンバー数も、メンバーの涙や成長過程をそのままメディアに出すあけすけさも、全てが初めてで新鮮でした。

もちろんタイのアイドルもチェックしていた僕にとってもBNK48は新鮮かつ懐かしいものでした。これでうっかり昔の血が騒いでしまい、東京のタイフェスに出演するのを見にいったり

左からMusic、Jennis、Cherprang、AKBから移籍した日本人のIzurina、Mobile、Pun。初の世界選抜総選挙でランクインしたMusicとCherprangは日本のAKBファンにも知られるようになりました。

ドキュメント映画が公開された際にはわざわざタイまで見に行って、入国審査の書類の「入国の目的」の所に「BNK48 MOVIE」って書いたりしたんですが。はいもうすっかりオタ復活ですね。

それでも「推しメン(お気に入りのメンバー)が全員海外にいる」というこの事態は僕にとってはむしろ助かっています。

今タイのBNK48ファンの皆さんは大変なんですよ。グッズも毎週のように出るし、アプリで推しメンに課金したり、総選挙の投票の為に投票券付きのCDを買い占めたりと、破産しそうなファンが沢山いるんです。僕は日本にいて、さすがにそこはあきらめがつきますからね。

よく「握手券商法」なんて批判されるAKBグループですが、これって筋金入りのロックファンがビートルズやキング・クリムゾンのリマスターを「あぁもう!またかよ」とか言いながら毎度買い直すのと一緒で、結局忠誠と愛情の表明ですよね。

ファンが1人で「レット・イット・ビー」や「太陽と戦慄」を3000枚買ってもクリムゾンには何も起きないしジョンもジョージも生き返らないけど、AKB48を3000枚買ったら総選挙で推しメンの順位が簡単に変動するんだからそりゃ買いますよ。

僕が彼女達に会えるのは、来日した時とたまたま僕がタイに行った時だけ。先月はCat Expo 5でステージを見た翌日、メンバーが出演するデパートでのファッショントークショーと、これまたデパート内から配信されている「Digital Studio」生トークを日本人ファンの方に案内してもらってはしごして見る、という幸運に恵まれました。ここからしばらく写真が続きますよ。

Cat Expo 5でのパフォーマンス(2018.11.25)
昨年と違い、今回は2期生も出演しました。キャプテンのCherprangも僕の神推しのKaimookも不在でしたが、昨年よりもリラックスしたムードで進んだステージングには魅せられましたよ。
デパート「ターミナル21」でのファッションイベント「Men’s Style Icon 2018」(2018.11.26)のトークショーに出演した(左から)Kaew、Orn、Noey。
3人だけ、歌なしにも関わらず会場にはファンが一杯。後ろの方から背伸びしてやっと見える位でした
そのイベントが終わって駆けつけたのは高級デパート「エムクオーティエ」。
ガラス張りのスタジオで、メンバーのトークを間近で見られるとあって、こちらにもファンが大集結。全く見えない・・・
日本語がわかるタイ人のファンの方が、脚立に乗せてくれました。おお!
パジャマトークだ!男の夢過ぎてずるい!(笑)
この日は2期生メンバー中心の出演でした。
僕はまだ2期生の子たちの名前が殆ど判りませんが、きっとそのうち全員見分けがつくようになるんだろうなぁ(笑)
スタジオ横には、訪タイしたAKB48 Team8のメンバーの皆さんのサイン等が
あぁもう!字だけでもKaimookちゃん可愛い!
https://geo.itunes.apple.com/jp/album/kimi-wa-melody-ep/1436580876?mt=1&app=music&at=1001lRmE

現在タイではBNK48は最も強力な広告キャラクターとして認識されていて、街なかには彼女達の出ている広告や商品が溢れています。

スマホ
ヘアカラー
清涼飲料(緑茶+はちみつレモン。美味しいです)

当然彼女達にあやかろうと、今タイでは日本式のアイドルユニットが沢山生まれています。SWEAT16!やSomeiyoshino51等が代表格ですが、面白いのはここに来てAKBグループのライバル的存在である欅坂46のスタイルを(ほぼそのまま)取り入れたグループが現われた事です。

FEVER – Start Again「Official MV」

これがまた売れたりしたら、いよいよBiSHっぽいグループまでタイでデビューしたりするのかな?と一瞬考えましたが、さすがにそれは・・・ないかな。と、アイドル熱がぶり返してしまいタイポップ探検に割く時間が足りなくなっている山麓園太郎がお送りしました。もう一度書きますがメリークリスマス。(Qlairの「サンクチュアリ」を聴きながら。このガールポップの金字塔アルバムが出て、もう26年です)

コメント