スポンサーリンク

STAMP Japan Tour 2019 名古屋公演!

タイ音楽
スポンサーリンク

山麓園太郎です。サワディーカップ。

「タイの国民的スター」STAMPはついにトイズファクトリーと契約して、日本でメジャーデビュー。そのアルバム「エカマイ・ドリーム 1」をひっさげて来日、SUMMER SONIC 2019に出演を果たしました!

大手が絡むとプロモーションにも力が入る、という噂は全く正しいですね。インストアライブやイベント出演、ラジオやTVにも出演と大忙しですが、日本でも彼が人気者になるのは友人の一人として嬉しいです!

SUMMER SONICで来日した時には会えるかなー、と思ってましたけどなんと渋谷のインストアの時は僕たちが企画したTELEx TELEXsの青山公演と重なり、SUMMER SONIC当日は僕が、自分のライブが地元であったものですから行けず・・・。

ですからJapan Tour 2019の名古屋公演で5ヶ月振りの再会です。4月にバンコクに滞在した時にライブを見に行ってます。その時はもう氷がこんなので出てくる高級クラブでですね、

凄く楽しかったけど僕小心者だから緊張するんですよね(笑)。やっぱりライブハウスでスタンディングで踊りながら見るのが最高です。

さかのぼれば1年半前、タイフェスティバル名古屋2018に僕たちが呼ぶことになり、様々な難関を乗り越えて実現して以来のSTAMP名古屋再訪です。今回は僕たちはノータッチですけど、誰が呼ぶでもいいんです、名古屋に来てくれるなら。豊橋在住の僕たちとしては交通費が大変助かるので(笑)。

僕たちは東京や大阪から遠征して来たファンのグループ・・・特に熱心なグループ(笑)と合流してから向かいましたが、特に熱心だからチケットの整理番号が皆ひとケタなんです。でもこうやって日本の大手と契約したら、そのうちチケット争奪戦が起こるような人気が出る日も遠くはなさそうだなぁ、と思いました。

今回の会場は名古屋TIGHT ROPE。地下鉄の栄駅からも近くて便利。タイ料理店等が集まるエリア(通称・女子大小路)にあるので事前に知っていたタイの人たちも多かったようです。会場に着くと既にタイの人たちが並んでいました。名古屋にもこうやって海外から来て働いたり学校に通ったりしている人は多いので、これからも海外アーティストの皆さん及びプロモーターの皆さんには
「名古屋を飛ばさないで!」
とお願い申し上げます。

お店はビルの3.5階。幅は狭いけれど奥行きがあり、オールスタンディングでは150人のキャパだそうです。今後タイポップスのライブを考えた時には、まず候補になりそう!

さて、オープニングを務めたMonaca yellow cityさんのステージが終わり、セッティングを兼ねてステージ袖に姿を見せたSTAMP。当然ファン(タイからこのJapan Tourに合わせて追っかけて来た人も!)に囲まれますが、その時後方から歩み寄って来た人にビックリ!

「タイの渋谷系」として数年前に日本の音楽ファンの一部で人気が沸騰したLa Ong Fong(ラオンフォン)のベーシスト、Aehさんじゃないですか!

タイポップスにハマった当初から大好きで、ラジオ放送の第1回でもかけたバンドです!電光石火で挨拶に行きました!

現在はBNK48の音楽監督も務めていて、同じくBNK48第1期生のオーディションに携わっていたSTAMPとも親しいのですね。新しくタイ第2の都市チェンマイでスタートする姉妹グループ、CGM48の準備としてAKB48とSKE48劇場の視察のためにメンバーの伊豆田莉奈さんとAomさん(共にBNK48から移籍)、そしてスタッフと共に来日していたのです。

(STAMPのinstagramより)

「品川駅で偶然STAMPと出くわし、乗る新幹線まで同じだった」という情報は得ていましたが、まさかSTAMPのライブに来てくれるとは!

ですのでAehさんの他にLa Ong Fongのギタリスト、ManさんとBNK48 OFFICEのCEO、ジラットさんも来てます。うひゃー。

伊豆田莉奈さんとAomさんは・・・来てないです。そりゃそうです、まさにこの時間はSKE48劇場公演を鑑賞中ですから。でも会いたかったなぁ(涙)

やがて暗転したステージにSTAMPの姿が浮かび上がりました。

名古屋公演スタート!「JETLAGGER」「Bangkok Summer」「Die Twice」「How to Live Without You」「Million Views(日本語バージョン)」など、最新アルバムからの曲を中心にしたセットリストです。

日本語MCも上達してます!

そして歌の途中で招き入れたのは・・・

Aehさんです!新幹線の中で飛び入りについて打ち合わせしてたな?(笑)

お店の入口付近から。ステージの様子は上のモニターでも中継されていますので、バーカウンターで飲みながら楽しむのもあり。PAの音量も大きめでした

終演後はTシャツ・トートバッグ・キーチェーンの販売と、CD購入者にサイン会があります。客席が明るくなると、タイフェスティバル名古屋でお世話になったスポンサーの方や、専属ドライバーを務めた方(なんとSTAMPと同じ大学で先輩でした)も来てくださっていました。

ずっと大ファンのバンドと、お世話になりまくりだった方々と会えたのは、これもやっぱりエラワンの神様の仕業でしょうか。ありがたやありがたや。でもSTAMPにお礼がまだでした。僕たちは今回ノータッチですから、業界人みたいに割り込んで行くのは気が引けます。もう家に1枚あるんだけど、新たにCD1枚買ってサイン会に加わることにしました。ご祝儀ご祝儀

STAMP:おー、Entaro!ありがと!
山麓:アイドルの握手会みたいだね(笑)
(注:欅坂46の大ファンでもあるSTAMPは時々仕事以外で来日して握手会に参加してます。僕もBNK48の握手会に行ったりしてるので、お互いに「券を出してちょっとお話しする」この雰囲気が身に染みてよくわかるんです)
STAMP : 「あくしゅかい!」ハハハハ!
山麓:あ、そうだ。これあげるよ。(永谷園のお茶づけ海苔のおまけでついてた欅坂46のライブフォトカードを2枚渡す。STAMPは平手友梨奈さん推しです)

STAMP : てち!!(「てち」は平手友梨奈さんの愛称)サンキュー!
山麓:名古屋にまた来てくれて、ありがとう。次はCat Expo 6で会おうね!
STAMP : OK !

・・・握手会が「はくしゅがい」になってるけど、まぁいいや。さぁ帰るか・・・

(Aehさんのinstagramより)

ちょっと待ってAehさんまでなんで並んでんの(笑)!

とにかくこういう笑いが絶えないのがSTAMPさんの現場です。音楽面ではもちろん真面目なシーンも沢山ありますけど。

今後はトイズファクトリーのプロモーションによって、タイポップスを知る知らないに関わらずメディアで初めてSTAMPを知る人も増えると思います。

現在の日本でのSTAMP人気は主に僕のようなタイポップス好きと、彼が共演した台湾や日本のアーティストのファンだったのがSTAMPの事も好きになったケース(クラウド・ルーやFIVE NEW OLDなど。このツアーのベーシストもFIVE NEW OLDのSHUNさんです)、そして日本在住のタイの人たちに支えられています。

しかしこれからはごく普通に、音楽が好きな、ライブが好きな人たちが「STAMPのライブがちょっと気になるから一度見てみよう」とチケットを手にするようになるでしょう。

山麓園太郎
山麓園太郎

もしその時ちょっと「どうしよっかなー」と迷ったりしたら僕のこの言葉を思い出してください。

「STAMPのライブに来たら、もうSTAMPなしではいられなくなる」

◎Twitterのフォロワー300万人超えのタイの大スターが日本のライブハウスを回るフリーダム
◎大スターと聞いて想像する日本の常識がひっくり返るフレンドリーさと神対応
◎国境も言葉もどうでもよくなる、その音楽と歌声の持つ力の底なしさ加減

僕も現場で(対バンを見に来たはずの)何人もの日本人が一夜にして釣られていくのを何度も見ています。「釣り」どころじゃないな、10人単位でファンにしていくんだから「はえなわ漁」並みの威力があるのか。

STAMPもファンも新しく網にかかるあなたを(笑)温かく歓迎します。今度ライブ情報でみかけたら、ぜひSTAMPのライブに来てください。

STAMPについてもっと知りたい人はこちら

記事中に出てくる「エラワンの神様」って何?という人はこちら

コメント